• TOP
  • 初めての方
  • 料金表
  • よくあるご質問
  • お問い合わせからの流れ

これって意匠登録できるの?できないの?

意匠登録の要件とは?

意匠登録を受けるためには、特許庁の審査で登録要件を備えていることが認められる必要があります。内容によっては出願しても意匠登録できない(拒絶される)場合もありますので、以下で挙げる主な登録要件を押さえておきましょう。

登録要件
  • 意匠であること
  • 工業的に利用できること
  • 今までにない新しい意匠であること
  • 既に出願された意匠 でないこと
  • 創作が容易でない意匠であること
  • 公益上適切な意匠であること

登録要件【意匠であること】

意匠法によって保護される意匠権は、「物品の美的外観・デザイン」です。世の中で一般的に「デザイン」と言われるものより狭い概念になりますので、注意が必要です。
OK例(1)

「物品の形状のデザイン」「物品の形状と模様が結合したデザイン」「物品の形状と色彩が結合したデザイン」「物品の形状と模様と色彩が結合したデザイン」は、意匠として認められます。

物品の形状のデザイン

ねじ アイシーカード
型鋼 電気接続用端子

物品の形状と模様が結合したデザイン

かばん 包装紙 食卓用鉢

物品の形状と色彩が結合したデザイン

靴底

物品の形状と模様と色彩が結合したデザイン

布地 靴下
OK例(2)
物品の部分についても、「その形状のデザイン」「その形状と模様が結合したデザイン」「その形状と色彩が結合したデザイン」「その形状と模様と色彩が結合したデザイン」は、意匠として認められます(部分意匠)。部分意匠として登録を受けると、物品全体のデザインとしては非類似であっても、その部分が模倣されていれば意匠権の効力が及びます。
電気掃除機 建物用扉の把手 ティーシャツ
NG例
「物品」と認められない物に関するデザイン 「物品」から離れたデザイン
  • 無体物(打ち上げられた花火、ネオンサインなど)
  • 不動産(建築物など)
  • 固体以外(光、電気、熱、気体、液体など)
  • 肉眼で見えないもの(粉状物、粒状物の一単位など)
  • アイコン、CG、タイプフェイス、ロゴマークなど
「物品」自体のデザインでないもの 外部から見えないもの
  • ネクタイの結び目、靴紐の結び目など
  • 機械の内部構造など

登録要件【工業的に利用できること】

意匠登録を受けるためには、工業的に量産できることが必要です。そのため、以下のようなものは意匠権によって保護されません。
NG例
自然物を主たる要素として使用して量産できないもの 純粋美術の分野に属する著作物
  • 原石の置物、盆栽、寄せ植えなど
  • 絵画、版画、彫刻など

登録要件【今までにない新しい意匠であること】

たとえ独自に創作した意匠であっても、既に世の中に存在する意匠・公開された意匠と同一または類似であるものは登録を受けることができません。なぜなら、そのような意匠は客観的に創作性があるとは言えず、保護価値がないからです。なお、「同一の意匠」「類似の意匠」「類似しない(非類似)意匠」は、以下のように整理されます。

  物品
同一 類似 非類時
形態 同一 同一の意匠 類似の意匠 非類時の意匠
類似 類似の意匠 類似の意匠 非類時の意匠
非類似 非類時の意匠 非類時の意匠 非類時の意匠
上記の表において、物品は以下のように判断されます。
  • 「同一物品」→用途および機能が同一の物品
  • 「類似物品」→用途が同じで機能が異なる物品
  • 「非類似物品」→用途も機能も異なる物品
上記の表において、形態は以下のように判断されます。
  • 「同一形態」→形状、模様、色彩またはこれらの結合がすべて同一の形態
  • 「類似形態」→創作のポイントであって見る人の注意を引き付ける部分(要部)が共通している形態
  • 「非類似形態」→要部が共通していない形態

登録要件【既に出願された意匠でないこと】

先に出願された意匠の全部と同一または類似であるものは登録を受けることができません。なぜなら、意匠権は権利者だけが意匠を独占的に実施でき、他者の実施を排除できる権利で重複登録が許されないからです。

先に出願された意匠が登録されて意匠公報に掲載された場合、その意匠の一部と同一または類似であるものは登録を受けることができません。このような意匠は、意匠全体としては先願の意匠と非類似と判断されるものですが、新規の創作とは認められないからです。

登録要件【創作が容易でない意匠であること】

新規性がある意匠でも、世の中に存在するデザインから容易に創作できるものは登録を受けることができません。創作性が低いものにまで意匠権を認めると、社会全体にとって利益にならないからです。そればかりか、他人がそのような意匠を容易に考えついたときに実施できないことになり、公益を損なうことにもつながります。

NG例
  • 公知の意匠の構成要素の一部を当業者にとってありふれた手法で他の公知の意匠に置き換えたもの(置換の意匠)
  • 複数の公知の意匠を当業者にとってありふれた手法で寄せ集めたにすぎないもの(寄せ集めの意匠)
  • 公知の意匠の構成要素の配置を当業者にとってありふれた手法で変更したにすぎないもの(配置の変更による意匠)
  • 公知の意匠の全部または一部の構成比率、公知の意匠の繰り返し連続する構成要素の単位の数を、当業者にとってありふれた手法で変更したにすぎないもの公知の意匠をほとんどそのまま表したにすぎないもの
  • 自然物、公知の著作物および建造物の全部または一部の形状、模様などをほとんどそのまま表したにすぎないもの
  • 非類似の物品の間に当業者にとって転用の商慣行がある場合において、転用されたもの

登録要件【公益上適切な意匠であること】

意匠権は私権であり、公益を害するものまで認めるべきではありません。そのため、以下に該当するものは登録を受けることができません。
NG例
公の秩序、善良な風俗を害するおそれのあるもの
  • 元首の像、国旗、皇室や王室の紋章などを表したもの
  • 人の道徳感を不当に刺激し、羞恥・嫌悪の念を起こさせるもの
物品の機能を確保するために不可欠な形状のみからなるもの
  • 他人の著名な商標、サービスマークなどを表したもの
物品の機能を確保するために不可欠な形状のみからなるもの
  • 物品の技術的機能を確保するために必然的に定まる形状からなるもの
  • JIS規格・ISO規格などの標準規格やデファクト・スタンダードなどによって定まる形状からなるもの

意匠登録おまかせWEBが選ばれる理由

無料相談・ご依頼はこちら